ご友人の結婚式に…


「友人の結婚式に着物を着ようと思いますが、何を着ていけば良いですか?」
こんなご質問のお客様がいらっしゃいました。

◎20代の独身女性の場合  A振袖 B色留袖 c訪問着
A 振袖  ミスの第一礼装で、紋が入っていなくても礼装として着用できます。成人式には若々しい色や柄の着物・帯・小物を使用しますね。もちろんそのままでもokです。その方の雰囲気・好み・考え方にもよりますが、年齢が上がるにしたがって、同じ振袖や帯を使用しても、小物の色を変えて大人っぽい着こなしにすることも可能だと思います。今日の画像のようなちょっと大人っぽい振袖を着てみるのもお勧めです。グレー地に絞り柄が入り、うすいピンク色の花柄文様。これならば20代後半になってもよろしいかと思います。

B 色留袖 こちらは振袖を卒業したい方のミスの礼装と考えてください。既婚の方も着られます。・・・というよりはむしろ既婚の方がお持ちになるほうが多いと思います。色留袖は上半身に柄はなく、裾模様があります。色は黒以外(黒は黒留袖といって既婚の方のみが着ます)。紋を入れます。紋の数を五つ入れますと黒留袖と同格の第一礼装、三つ入れますと準礼装、一つ入れますと訪問着感覚で着られます。20代でご用意するときには、明るい地色で文様も華やかなものをお勧めします。小物は着物に合う淡色系の上品な格のあるものをお選びいただくと良いかと思います。

C 訪問着 訪問着は袖から胸・肩・裾にかけて一枚の絵のように模様が染められています。上半身にも模様があるので華やかです。特に椅子席ですと座った時にも模様が見えます。柄も色々なタイプがあり、柄ゆきによって格が違ってきますので、着ていく場所も違ってきます。独身20代、振袖や色留袖の次の晴れ着として着る場合、品格のある古典的な柄を選ぶことをお勧めします。帯もそれにあった品格の物を合わせ、小物等も一式そろえておくと色々な場面で活用できます。

以上、簡単にまとめましたが「雰囲気に馴染むかどうか」「会場に合わせて装いの格があうかどうか」「相手や同席者の方に失礼ではないかどうか」ということが大事なことなのだと思います。

Read More

  • 新作振袖ご紹介!新作振袖ご紹介! 今日ご紹介の振袖は屏風絵のような立派なお着物です。背の柄を中心に両袖まで写してみました。 松と藤が背に縦長の配置で、袖には桜とあやめ、流水にかえで。後ろの身頃の下方には、菊花。画像には上前の柄が入っておりませ […]
  • スッキリ系ダークです!!スッキリ系ダークです!! 今日はバレンタインデーですね❤ 皆さま、ご準備はバッチリでしょうか? 私は毎日がバレンタインデーのごとく(食べるほうです)チョコは常備! 今日ご紹介のお嬢様、こちらは今回のパンフレットに掲載してお […]
  • 振袖の色を活かす!振袖の色を活かす! みなさんこんにちは☺   東北は雨が続いて、湿気が多いですね…。 8月になったので、カラッと晴れてほしいものです!     今回ご紹介するコーデ […]
  • 色鮮やかな振袖色鮮やかな振袖 今日ご紹介の振袖は色鮮やかな紅型の振袖です。ごらんになっただけで、「あ、沖縄だ!」と感じていていただけるのではないかと思います。 琉球王朝時代、婦人の礼装や神事に関する服装に用いられたのが、紅型染の始まり […]
  • 水色古典柄の振袖をご紹介!水色古典柄の振袖をご紹介! 今日はご紹介する振袖は、きれいな水色の古典柄の振袖。水色は数少ないので、パッと目を引く色だと思います。 さし色を見ますと、金色・ピンク色・クリーム色と優しい色を使い、地の色である水色にふんわりとのせています。 […]
  • ママ振ご着用の方へ。ママ振ご着用の方へ。    お母様やお姉様・ご親戚の振袖を大事に受け継ぎ、ご着用なさる方もいらっしゃいます。  まずはお持ちのものを全部たかち代にご持参ください!  実際に着用し、寸法・汚れ・不足なものを確認しましょう。   […]

2023/2024成人式 無料相談開催中!