お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

ご友人の結婚式に・・・


「友人の結婚式に着物を着ようと思いますが、何を着ていけば良いですか?」
こんなご質問のお客様がいらっしゃいました。

◎20代の独身女性の場合  A振袖 B色留袖 c訪問着
A 振袖  ミスの第一礼装で、紋が入っていなくても礼装として着用できます。成人式には若々しい色や柄の着物・帯・小物を使用しますね。もちろんそのままでもokです。その方の雰囲気・好み・考え方にもよりますが、年齢が上がるにしたがって、同じ振袖や帯を使用しても、小物の色を変えて大人っぽい着こなしにすることも可能だと思います。今日の画像のようなちょっと大人っぽい振袖を着てみるのもお勧めです。グレー地に絞り柄が入り、うすいピンク色の花柄文様。これならば20代後半になってもよろしいかと思います。

B 色留袖 こちらは振袖を卒業したい方のミスの礼装と考えてください。既婚の方も着られます。・・・というよりはむしろ既婚の方がお持ちになるほうが多いと思います。色留袖は上半身に柄はなく、裾模様があります。色は黒以外(黒は黒留袖といって既婚の方のみが着ます)。紋を入れます。紋の数を五つ入れますと黒留袖と同格の第一礼装、三つ入れますと準礼装、一つ入れますと訪問着感覚で着られます。20代でご用意するときには、明るい地色で文様も華やかなものをお勧めします。小物は着物に合う淡色系の上品な格のあるものをお選びいただくと良いかと思います。

C 訪問着 訪問着は袖から胸・肩・裾にかけて一枚の絵のように模様が染められています。上半身にも模様があるので華やかです。特に椅子席ですと座った時にも模様が見えます。柄も色々なタイプがあり、柄ゆきによって格が違ってきますので、着ていく場所も違ってきます。独身20代、振袖や色留袖の次の晴れ着として着る場合、品格のある古典的な柄を選ぶことをお勧めします。帯もそれにあった品格の物を合わせ、小物等も一式そろえておくと色々な場面で活用できます。

以上、簡単にまとめましたが「雰囲気に馴染むかどうか」「会場に合わせて装いの格があうかどうか」「相手や同席者の方に失礼ではないかどうか」ということが大事なことなのだと思います。

Read More

  • ご友人の結婚式に・・・ご友人の結婚式に・・・ 先日は20代独身の方についてでしたが、「じゃあ既婚者だったら友達の結婚式にどんな着物を?」というご質問にもお答えして。 一番のお勧めは「訪問着」でしょうか・・・。 A 色留袖  B 訪問着  C 色無地  D 江戸小紋  E […]
  • 盛夏のきもの盛夏のきもの 暑い毎日が続いていますね。今日はその暑さもちょっとだけお休み。梅雨らしいお天気でした。 7・8月は絽・紗・麻など盛夏の装いです! 帯=絽・紗・羅など 帯揚げ=絽・紗など 帯締め=夏向きレース組・細組など 半衿=絽塩瀬・麻など 襦袢=絽などの夏物 肌着は天然素材のものが涼しく着られるかと思います。最近は吸汗速乾の着物用肌着、メッシュの前板や伊達締め […]
  • 小物で変化をつける!小物で変化をつける!   先日は各小物の色の使い方での変化をお伝えしました。色以外でも、小物のについている装飾の形状、装飾の色の組み合わせ、大きさ、生地の種類などによってもバリエーションを楽しむことができます。 重ね衿(伊達衿)~襦袢の衿と着物の衿との間に5mm程度スーっと色をさします。一色のもの・多色使いのもの・きらきらのストーンがついているもの・レースがつ […]
  • 雨の日に・・・雨の日に・・・ 今日は一日雨降りですねぇ。じっくり座って帯を縫うのにぴったりの日です。 袋帯の端の始末は以前にもお話しましたが、「千鳥掛け」で縫います。 普通手縫いをするとき、右から左に進みますが、この「千鳥掛け」は逆に左から右に進みます。糸が交差するように縫います。×××××←こんなふうな感じで、カワイイです! 千鳥の歩き方がジグザグに向きを変えながら歩くことから、この呼び名 […]
  • 刺繍半衿並べました!刺繍半衿並べました! お母様二十歳時代にはあまり使用されていなかったかもしれません。半衿の歴史からいえば、刺繍入りや色付きの半衿も存在していたのですが、おそらく式事には白の無地の半衿をすべきという考え方からだったのではないでしょうか。 半衿は襦袢の衿に縫い付け、汚れ防止(汚れたらはずしてまた縫い付ける)と、おしゃれのためにとの役目があります。素材は正絹・絹交織・化繊などがあります […]
  • 小物で変化をつける!小物で変化をつける! さて今日は同じ振袖、同じ帯を使って、小物(①重ね衿②帯揚③帯締)の色だけを変えて画像をアップしてみました。 小物といっても全体への影響は大物です。 全体のイメージをどういう雰囲気にしたいか? パステルカラーを使うと優しい・甘い・やわらかい感じになりますし、ハッキリした色や濃いめの明るい色を使うと元気・行動的な感じになります。 お母様が二 […]