お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

ご友人の結婚式に・・・


先日の続きです。既婚者の方がご友人の結婚式に参列するときの着物につきまして・・・

C 色無地  D 江戸小紋  C 付け下げ

C 色無地  文字通り、柄がなく黒以外の色の一色に染めた着物のことを言います。地紋(生地そのものに織り出した模様)のあるものと、ないものとあります。結婚式に着用するには、紋を入れて、帯を錦織や唐織の袋帯にし、小物類を白や淡い色にします。紋の数が多ければいいというものでもなく、用途を幅広くとお考えの方には、色無地には紋を一つ入れておきますと、各種式典やお茶会・学校行事などに着回しが可能です。

D 江戸小紋  今日の画像はこちらにしてみました。左側が「鮫(さめ)」右側が「角通し(かくどおし)」。どちらも拡大してあります。ごめんなさい!手元にあったものが少し暗めの色でした。お若い方にはもう少し明るい色を選ばれることをお勧めします。江戸小紋はごく細かい模様の型紙を使用し、一色に染めたものを言います。遠目には無地のように見えます。江戸時代、武士の裃(かみしも)の模様に使われました。たくさんの種類の模様がありますが、結婚式には「江戸小紋三役」に紋をつけたものを。「江戸小紋三役」とは、画像にあります「鮫」「角通し」画像にはありませんが「行儀(ぎょうぎ)」をいいます。中でも格のある「鮫」をお勧めします。もちろん帯には重厚感のある袋帯を合わせ、小物類を白や淡い色にします。

E 付け下げ  訪問着に近く、訪問着を簡略化したような・・・と想像してください。柄付けは訪問着よりも控えめなものが多いです。中には訪問着と変わらないような品格と重みのある付け下げもあります。そのようなものは「付け下げ訪問着」と呼ばれたりもします。結婚式に着用するには、帯を訪問着に合わせるようなものを締め、小物類も白や淡い色を使ったものを合わせます。

桜が咲き、緑も増えてきて、とても気持ちの良い季節となりましたね。ご友人の結婚式には、ぜひお着物でご参列くださいませ!わくわくしますよ~!!!

Read More

  • 深いグリーンがステキな振袖!深いグリーンがステキな振袖! 今日は色使いが大胆な、そして大きな柄が印象的な振袖をご紹介します! 地色は人気の深いグリーン。赤とピンクの藤の花、紫の梅の花、黒と赤の金で縁取られた菊、菊の葉は青と緑、大きな笹の葉は青い染の鹿の子。お洋服にはこのような色使いはなかなかしませんよね。着物ならではです。画像には入りませんでしたが、松は唯一落ち着いた色合いで描かれております。 大柄で強い印象の振袖で […]
  • おとなのゆかた!おとなのゆかた! 今日のゆかたは大人っぽいゆかたです。 キキョウと萩。藍色の濃淡で、影絵のように・・・墨絵のように・・・。 こちらは反物の状態ですので、これからお仕立てです。仕上がった時に、柄がどのようにはいるかがお楽しみです。 夏祭りに大人っぽくゆかたを着こなしたい方、ぜひ!!! […]
  • 大好きな知人がオススメの振袖!大好きな知人がオススメの振袖! 今日は私の大好きな知人(振袖はだいぶ前に卒業なさいました)が「春らしくてキレイ!!」とお話していた振袖です。その方はいつも元気でポジティブ!同じ黄色でもヒマワリのような黄色をイメージさせる方なのです。しかしこの柔らかく優しそうな振袖が好きということは・・・きっと心は繊細で優しいのだと思います! 濃いめのクリーム色←カスタードクリームを作るときに卵黄をちょっと多め […]
  • 赤の古典柄振袖紹介!赤の古典柄振袖紹介! 今日は先日に続きまして古典柄の振袖紹介です。以前ご紹介しましたのは水色地、今日は鮮やかな赤い地色です。 柄付けはよく似ているのですが、地色の違いで印象が変わります。水色の地は、柔らかい印象で、色白のお嬢様にお似合いかとお勧めいたしましたね。こちらの赤い地、深めの赤で落ち着いた感じのなかにも華やかさがあり、色白のほんわかお嬢様から、キリリとしたハッキリお嬢様までお似合 […]
  • 色鮮やかな振袖色鮮やかな振袖 今日ご紹介の振袖は色鮮やかな紅型の振袖です。ごらんになっただけで、「あ、沖縄だ!」と感じていていただけるのではないかと思います。 琉球王朝時代、婦人の礼装や神事に関する服装に用いられたのが、紅型染の始まりと言われているそうです。沖縄では紅=色の総称、型=文様とのこと。中国や東南アジアの国々との外交により、それらの染の技法など取りいれながら、独特な色・文様を琉球紅 […]
  • 最新のパンフレットより「KOTEN CUTE」な振袖ご紹介!最新のパンフレットより「KOTEN CUTE」な振袖ご紹介!   「古典」の振袖がイイ!とおっしゃるお嬢様にはピッタリです。 きれいな萌黄色、なかなかない色だと思います。裾と袖の下方にはボカシからクリーム色が入っています。柄にある朱色がとても映えます。松の緑も渋い抹茶色を使用しているので、古典らしさが増しています。 上前の柄には雪輪と松竹梅が印象的です。白梅が金糸でふちどられていて、花びらが白と銀ラメ […]