お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

ご友人の結婚式に・・・


先日の続きです。既婚者の方がご友人の結婚式に参列するときの着物につきまして・・・

C 色無地  D 江戸小紋  C 付け下げ

C 色無地  文字通り、柄がなく黒以外の色の一色に染めた着物のことを言います。地紋(生地そのものに織り出した模様)のあるものと、ないものとあります。結婚式に着用するには、紋を入れて、帯を錦織や唐織の袋帯にし、小物類を白や淡い色にします。紋の数が多ければいいというものでもなく、用途を幅広くとお考えの方には、色無地には紋を一つ入れておきますと、各種式典やお茶会・学校行事などに着回しが可能です。

D 江戸小紋  今日の画像はこちらにしてみました。左側が「鮫(さめ)」右側が「角通し(かくどおし)」。どちらも拡大してあります。ごめんなさい!手元にあったものが少し暗めの色でした。お若い方にはもう少し明るい色を選ばれることをお勧めします。江戸小紋はごく細かい模様の型紙を使用し、一色に染めたものを言います。遠目には無地のように見えます。江戸時代、武士の裃(かみしも)の模様に使われました。たくさんの種類の模様がありますが、結婚式には「江戸小紋三役」に紋をつけたものを。「江戸小紋三役」とは、画像にあります「鮫」「角通し」画像にはありませんが「行儀(ぎょうぎ)」をいいます。中でも格のある「鮫」をお勧めします。もちろん帯には重厚感のある袋帯を合わせ、小物類を白や淡い色にします。

E 付け下げ  訪問着に近く、訪問着を簡略化したような・・・と想像してください。柄付けは訪問着よりも控えめなものが多いです。中には訪問着と変わらないような品格と重みのある付け下げもあります。そのようなものは「付け下げ訪問着」と呼ばれたりもします。結婚式に着用するには、帯を訪問着に合わせるようなものを締め、小物類も白や淡い色を使ったものを合わせます。

桜が咲き、緑も増えてきて、とても気持ちの良い季節となりましたね。ご友人の結婚式には、ぜひお着物でご参列くださいませ!わくわくしますよ~!!!

Read More

  • おとなのゆかた!おとなのゆかた! 今日のゆかたは大人っぽいゆかたです。 キキョウと萩。藍色の濃淡で、影絵のように・・・墨絵のように・・・。 こちらは反物の状態ですので、これからお仕立てです。仕上がった時に、柄がどのようにはいるかがお楽しみです。 夏祭りに大人っぽくゆかたを着こなしたい方、ぜひ!!! […]
  • 新作振袖ご紹介!新作振袖ご紹介! 今日ご紹介の振袖は屏風絵のような立派なお着物です。背の柄を中心に両袖まで写してみました。 松と藤が背に縦長の配置で、袖には桜とあやめ、流水にかえで。後ろの身頃の下方には、菊花。画像には上前の柄が入っておりませんが、大きな牡丹と金糸の桜が描かれています。 地色はオフホワイトですが、袖下・裾には黒が入り落ち着いた雰囲気になっています。所々に金箔がはられたように、バラン […]
  • シンプルなお振袖ご紹介!シンプルなお振袖ご紹介! 「十人十色」皆様が振袖を選ばれるときに、いつも思います。 ご自分にお似合いの一枚を探して探して・・・悩んで悩んで・・・本当に似合う一枚を見つけ出すのです。 今日ご紹介の振袖は「シンプルなものが好き!」というお嬢様に人気です。柄はバラのみ!しかも色使いは、赤・黒・白・金のみ!バラの花1コの大きさが、とても大きいので身長のある方におススメします。すっきり美人さんに […]
  • 新入荷!新入荷! あっという間に7月が終わろうとしています!梅雨・・・まだ明けていないですよね?! 今日は新入荷の振袖用の帯揚げの画像です。 チェックとドット柄。お好きな方を出すことができます。 なんてポップな楽しい柄でしょ! 振袖も入荷致しました。 どんどんご紹介しますので、楽しみにお待ちくださいませ。 […]
  • 深いグリーンがステキな振袖!深いグリーンがステキな振袖! 今日は色使いが大胆な、そして大きな柄が印象的な振袖をご紹介します! 地色は人気の深いグリーン。赤とピンクの藤の花、紫の梅の花、黒と赤の金で縁取られた菊、菊の葉は青と緑、大きな笹の葉は青い染の鹿の子。お洋服にはこのような色使いはなかなかしませんよね。着物ならではです。画像には入りませんでしたが、松は唯一落ち着いた色合いで描かれております。 大柄で強い印象の振袖で […]
  • 大きな牡丹の振袖!大きな牡丹の振袖! 今日ご紹介の振袖は、スッとした大人っぽいお嬢様にお勧めです! 白地に大きな大きな牡丹の花が咲いています。縁取りの刺繍がとってもきれいです。白地の部分が多いので、全体的にすっきりとした感じです。身頃の部分に、ごくうすいピンク色のボカシが入り、袖の下方と裾には濃いめのピンク。 そして大きな牡丹柄の帯をのせてみました。セットではありません!着物と帯と、同柄の組み合わせは […]