お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

ご友人の結婚式に・・・


先日の続きです。既婚者の方がご友人の結婚式に参列するときの着物につきまして・・・

C 色無地  D 江戸小紋  C 付け下げ

C 色無地  文字通り、柄がなく黒以外の色の一色に染めた着物のことを言います。地紋(生地そのものに織り出した模様)のあるものと、ないものとあります。結婚式に着用するには、紋を入れて、帯を錦織や唐織の袋帯にし、小物類を白や淡い色にします。紋の数が多ければいいというものでもなく、用途を幅広くとお考えの方には、色無地には紋を一つ入れておきますと、各種式典やお茶会・学校行事などに着回しが可能です。

D 江戸小紋  今日の画像はこちらにしてみました。左側が「鮫(さめ)」右側が「角通し(かくどおし)」。どちらも拡大してあります。ごめんなさい!手元にあったものが少し暗めの色でした。お若い方にはもう少し明るい色を選ばれることをお勧めします。江戸小紋はごく細かい模様の型紙を使用し、一色に染めたものを言います。遠目には無地のように見えます。江戸時代、武士の裃(かみしも)の模様に使われました。たくさんの種類の模様がありますが、結婚式には「江戸小紋三役」に紋をつけたものを。「江戸小紋三役」とは、画像にあります「鮫」「角通し」画像にはありませんが「行儀(ぎょうぎ)」をいいます。中でも格のある「鮫」をお勧めします。もちろん帯には重厚感のある袋帯を合わせ、小物類を白や淡い色にします。

E 付け下げ  訪問着に近く、訪問着を簡略化したような・・・と想像してください。柄付けは訪問着よりも控えめなものが多いです。中には訪問着と変わらないような品格と重みのある付け下げもあります。そのようなものは「付け下げ訪問着」と呼ばれたりもします。結婚式に着用するには、帯を訪問着に合わせるようなものを締め、小物類も白や淡い色を使ったものを合わせます。

桜が咲き、緑も増えてきて、とても気持ちの良い季節となりましたね。ご友人の結婚式には、ぜひお着物でご参列くださいませ!わくわくしますよ~!!!

Read More

  • 大好きな知人がオススメの振袖!大好きな知人がオススメの振袖! 今日は私の大好きな知人(振袖はだいぶ前に卒業なさいました)が「春らしくてキレイ!!」とお話していた振袖です。その方はいつも元気でポジティブ!同じ黄色でもヒマワリのような黄色をイメージさせる方なのです。しかしこの柔らかく優しそうな振袖が好きということは・・・きっと心は繊細で優しいのだと思います! 濃いめのクリーム色←カスタードクリームを作るときに卵黄をちょっと多め […]
  • シンプルなお振袖ご紹介!シンプルなお振袖ご紹介! 「十人十色」皆様が振袖を選ばれるときに、いつも思います。 ご自分にお似合いの一枚を探して探して・・・悩んで悩んで・・・本当に似合う一枚を見つけ出すのです。 今日ご紹介の振袖は「シンプルなものが好き!」というお嬢様に人気です。柄はバラのみ!しかも色使いは、赤・黒・白・金のみ!バラの花1コの大きさが、とても大きいので身長のある方におススメします。すっきり美人さんに […]
  • 大きな梅の花の振袖ご紹介!大きな梅の花の振袖ご紹介! 今朝6時30分、我が家の庭で今シーズン初のウグイスの声が!毎年最初は「ホーホケキョ」ではないんです。鳴き方はへたです。今年のウグイス、声音はきれいだったので、練習を重ねて暖かくなる頃にはきっと上手になります! ウグイスの声を聞いて、今日はこの振袖をご紹介すると決めました! ウグイスといえば梅ですよね。「梅に鶯」=取り合わせのよいもの、よく似合って調和してい […]
  • 振袖小物の人気色?振袖小物の人気色? H30年の成人式に向けての小物選び!今年の人気色はターコイズブルー!? 振袖と帯を決めましたなら、次に帯揚げ・帯締め・重ね衿を選びます。それらには着物や帯のポイントになる一色を使用しますとトータルのバランスがとれます。 ところが、逆に全く違う色を使用し、アクセントにするという高級難度(?)の技を今年のお嬢様は思い切ってやってくれています。そこにターコイズブルー […]
  • 紫の気品ある振袖ご紹介!紫の気品ある振袖ご紹介! 落ち着いた紫色の振袖です。これなら、おばあ様もきっと気にいってくれるはずです。 上前にはピンクのボカシが入り、色とりどりの梅の花と、丸くかわいいつぼみが枝についています。 牡丹の花が大きすぎることなく、他の柄とのバランスの良い大きさで、色も抑えめな色を使用しています。メインの上前の赤い牡丹は金でふちどられています。赤はぐっと抑えた赤で、茶色に近いぐらい。そ […]
  • 立派な振袖ご紹介!立派な振袖ご紹介! 今日の振袖、一言で表すとすれば「立派」!黒と金、その上にのっている華やかな色のバランスが見事です。柄も大胆で、まるで屏風絵を見ているようです。私、ひそかに「こいのぼり」と呼んでいます。ホントに立派で堂々としています。 黒地に波。波は金かと思いきや薄いクリーム色で、決して他の模様の邪魔にならないようにひかえめな色です。波間には小さな桜花がのっています。大胆な短冊文 […]