お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

ご友人の結婚式に・・・


先日は20代独身の方についてでしたが、「じゃあ既婚者だったら友達の結婚式にどんな着物を?」というご質問にもお答えして。

一番のお勧めは「訪問着」でしょうか・・・。

A 色留袖  B 訪問着  C 色無地  D 江戸小紋  E 付け下げ

A 色留袖  紋の数を五つにしますと黒留袖と同格(格が高い!)となってしまうので、あえて紋の数を減らします。最近は一つ紋にして小物を淡い色を合わせて品良く、訪問着に近い着用の仕方をする方も。その際、仕立て方は※比翼仕立てにしません!

B 訪問着  これがオススメ!レンタルをお考えの20代の方でしたなら、今しか着れない若い感じの色・柄を。ご結婚されてこれからご準備というときは、先を考えて、今日の画像のような少し落ち着いた感じのものも良いかも?またお持ちの振袖の袖を短くして着用しようと考えられる方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろん可能ではあります。その際には色・柄をよく確認して、その先にも着用できることをご納得のうえであればお勧めします。色・柄がいかにも振袖というものは、私はお勧めいたしません・・・。生地にハサミをいれるのですからよ~くお考えのうえで!

C~Dにつきましては、次の機会に書きたいと思います。どちらも紋を付けたり、帯を金糸や銀糸を使用したものや、織り方も豪華なものを、小物も礼装用や淡色の品のあるものを組み合わせることによって、結婚式もOKになります。20代のうちにこれらのお着物をお持ちになる方は少ないかもしれませんね。

◎前回に補足です。あまりお勧めはしませんが、独身の方でもC~Dがダメということはないですよ。柄がついていなかったり、おとなしめだったりするので、さびしいかも?
◎もう一つ補足させていただきます。本来、色留袖は比翼仕立てにし、五つ紋にして、親族(未婚者や若い既婚者)や主賓の方が着用することとなっております。紋の数を減らして訪問着に近く・・・なんていうのは邪道だ!というお考えの方もいらっしゃるようです。

※比翼仕立てとは・・・留袖はもともと「白羽二重(しろはぶたえ)」という生地で作った着物(下着)を重ねて着ていました。今では比翼(二羽の鳥が互いに翼をならべている意味)仕立てといって、衿・裾回り・袖口・振り(袖が付いている部分の下の開いているところ)などの部分にだけ羽二重でつけて、見た目には二枚着ているように仕立てることをいいます。

Read More

  • ご友人の結婚式に・・・ご友人の結婚式に・・・ 「友人の結婚式に着物を着ようと思いますが、何を着ていけば良いですか?」 こんなご質問のお客様がいらっしゃいました。 ◎20代の独身女性の場合  A振袖 B色留袖 c訪問着 A […]
  • 盛夏のきもの盛夏のきもの 暑い毎日が続いていますね。今日はその暑さもちょっとだけお休み。梅雨らしいお天気でした。 7・8月は絽・紗・麻など盛夏の装いです! 帯=絽・紗・羅など 帯揚げ=絽・紗など 帯締め=夏向きレース組・細組など 半衿=絽塩瀬・麻など 襦袢=絽などの夏物 肌着は天然素材のものが涼しく着られるかと思います。最近は吸汗速乾の着物用肌着、メッシュの前板や伊達締め […]
  • 小物で変化をつける!小物で変化をつける!   先日は各小物の色の使い方での変化をお伝えしました。色以外でも、小物のについている装飾の形状、装飾の色の組み合わせ、大きさ、生地の種類などによってもバリエーションを楽しむことができます。 重ね衿(伊達衿)~襦袢の衿と着物の衿との間に5mm程度スーっと色をさします。一色のもの・多色使いのもの・きらきらのストーンがついているもの・レースがつ […]
  • 雨の日に・・・雨の日に・・・ 今日は一日雨降りですねぇ。じっくり座って帯を縫うのにぴったりの日です。 袋帯の端の始末は以前にもお話しましたが、「千鳥掛け」で縫います。 普通手縫いをするとき、右から左に進みますが、この「千鳥掛け」は逆に左から右に進みます。糸が交差するように縫います。×××××←こんなふうな感じで、カワイイです! 千鳥の歩き方がジグザグに向きを変えながら歩くことから、この呼び名 […]
  • 刺繍半衿並べました!刺繍半衿並べました! お母様二十歳時代にはあまり使用されていなかったかもしれません。半衿の歴史からいえば、刺繍入りや色付きの半衿も存在していたのですが、おそらく式事には白の無地の半衿をすべきという考え方からだったのではないでしょうか。 半衿は襦袢の衿に縫い付け、汚れ防止(汚れたらはずしてまた縫い付ける)と、おしゃれのためにとの役目があります。素材は正絹・絹交織・化繊などがあります […]
  • 小物で変化をつける!小物で変化をつける! さて今日は同じ振袖、同じ帯を使って、小物(①重ね衿②帯揚③帯締)の色だけを変えて画像をアップしてみました。 小物といっても全体への影響は大物です。 全体のイメージをどういう雰囲気にしたいか? パステルカラーを使うと優しい・甘い・やわらかい感じになりますし、ハッキリした色や濃いめの明るい色を使うと元気・行動的な感じになります。 お母様が二 […]