お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

小物で変化をつける!

 

先日は各小物の色の使い方での変化をお伝えしました。色以外でも、小物のについている装飾の形状、装飾の色の組み合わせ、大きさ、生地の種類などによってもバリエーションを楽しむことができます。

重ね衿(伊達衿)~襦袢の衿と着物の衿との間に5mm程度スーっと色をさします。一色のもの・多色使いのもの・きらきらのストーンがついているもの・レースがついているもの・・・使用することによってお顔回りが明るくなり、華やかさが増します。

帯揚~帯の上側に色をさします。今まではシボリのものが多く使われていました。しかし!おまかせください!今季たくさんそろっています!ちりめん素材・レース・ラメ入り・刺繍入り・ボカシ入り・・・選べます。シボリのものは染めの技法として絞ったところが白く残り染めた部分に色が出ますので、全体で見た場合、色が少し和らいで見えます。ちりめんなどの一色染めの場合は、染めた色だけが出ますのでハッキりとした印象になります。

帯締~帯の中央に色をさします。糸の組み方で、丸い紐に見えるのが丸組、ペッタンコの平らなものが平組(他にもいろいろあります)。振袖用の丸組の帯締の多くには、真ん中にかわいい飾りがついています。また色を組み合わせて組んでいるものもありますので、同じような色を使いながらも一本一本印象が違います。太さにも種類があります。着物の柄が大きめだったり、色目が濃いものには、丸組でも飾りの大きいものや紐の太めのもの、平組のものがお似合いかと思います。逆に優しい色柄の着物には、飾りも小ぶりで紐の太さもあまり太くないもののほうがバランスが良いと思います。

選んで選んで・・・みつけてくださいネ!!!

Read More

  • 雨の日に・・・雨の日に・・・ 今日は一日雨降りですねぇ。じっくり座って帯を縫うのにぴったりの日です。 袋帯の端の始末は以前にもお話しましたが、「千鳥掛け」で縫います。 普通手縫いをするとき、右から左に進みますが、この「千鳥掛け」は逆に左から右に進みます。糸が交差するように縫います。×××××←こんなふうな感じで、カワイイです! 千鳥の歩き方がジグザグに向きを変えながら歩くことから、この呼び名 […]
  • 椿の髪飾り!椿の髪飾り! 今日は久しぶりに髪飾りをご紹介します。今シーズン入荷したものです。今回は和の雰囲気のものが多くそろっております。 大きな濃いピンク色のツバキを中心に4パーツに分かれております。アクセントに・・・やはりここにも人気のコバルトブルー色が入っています。ハッキリした色使いがお好みの方にぴったりです! ツバキの特徴でもある濃い緑色の葉っぱがとっても活き活きとしています。 […]
  • 髪飾り紹介!髪飾り紹介! 当店の髪飾り!たくさんある中、今日の代表を紹介します。 お決めになる流れとして、振袖・帯・小物・刺繍半衿をご試着、草履・バッグまで決定したところで、ご試着したまま最後に髪飾りをお選びいただきます。トータルでコーディネートするには、やはりそのような状態でお選びいただくことをおすすめします。(髪飾りはオプションとなります。) ご紹介の髪飾りは、1ヶ所に集めます […]
  • 盛夏のきもの盛夏のきもの 暑い毎日が続いていますね。今日はその暑さもちょっとだけお休み。梅雨らしいお天気でした。 7・8月は絽・紗・麻など盛夏の装いです! 帯=絽・紗・羅など 帯揚げ=絽・紗など 帯締め=夏向きレース組・細組など 半衿=絽塩瀬・麻など 襦袢=絽などの夏物 肌着は天然素材のものが涼しく着られるかと思います。最近は吸汗速乾の着物用肌着、メッシュの前板や伊達締め […]
  • 袋帯です!袋帯です! 今日は袋帯の端の(幅にあたる側)しまつをしておりました。千鳥ぐけという縫い方でチクチクチクチク・・・ 振袖には「袋帯」を使用します。もともとは袋状に織られていたために「袋帯」と呼ばれましたが、いまでは無地か地紋の裏地を合わせて両端を(長さにあたる側)かがって仕立てているものが多いです。新しい帯は幅の部分は縫われていません。ですから、当店に入ってきてからチクチク・ […]
  • ご試着のおすすめ!ご試着のおすすめ! ブログでもご試着のおすすめをたびたびしております。 パンフレットで見ただけ、たたんであるものを見ただけ・・・イメージだけで、振袖をすぐに決定するのはおすすめできません。もちろん「ひとめぼれ」はありますよ!それにしても決定はご試着をなさってからのことです。 「振袖ヒロイン」のレンタルの流れにもあるように、ご来店になりましたなら、気になる振袖をまずは5点ぐらいから […]