お問い合わせ
TEL. 0198-22-2222

小物で変化をつける!

 

先日は各小物の色の使い方での変化をお伝えしました。色以外でも、小物のについている装飾の形状、装飾の色の組み合わせ、大きさ、生地の種類などによってもバリエーションを楽しむことができます。

重ね衿(伊達衿)~襦袢の衿と着物の衿との間に5mm程度スーっと色をさします。一色のもの・多色使いのもの・きらきらのストーンがついているもの・レースがついているもの・・・使用することによってお顔回りが明るくなり、華やかさが増します。

帯揚~帯の上側に色をさします。今まではシボリのものが多く使われていました。しかし!おまかせください!今季たくさんそろっています!ちりめん素材・レース・ラメ入り・刺繍入り・ボカシ入り・・・選べます。シボリのものは染めの技法として絞ったところが白く残り染めた部分に色が出ますので、全体で見た場合、色が少し和らいで見えます。ちりめんなどの一色染めの場合は、染めた色だけが出ますのでハッキりとした印象になります。

帯締~帯の中央に色をさします。糸の組み方で、丸い紐に見えるのが丸組、ペッタンコの平らなものが平組(他にもいろいろあります)。振袖用の丸組の帯締の多くには、真ん中にかわいい飾りがついています。また色を組み合わせて組んでいるものもありますので、同じような色を使いながらも一本一本印象が違います。太さにも種類があります。着物の柄が大きめだったり、色目が濃いものには、丸組でも飾りの大きいものや紐の太めのもの、平組のものがお似合いかと思います。逆に優しい色柄の着物には、飾りも小ぶりで紐の太さもあまり太くないもののほうがバランスが良いと思います。

選んで選んで・・・みつけてくださいネ!!!

Read More

  • 紋のおはなし紋のおはなし 今日の画像は「紋典」より、我が家の家紋、右側真ん中「丸にかたばみ」です!「紋典」には№1~4590までの紋が載っていました。皆様の各御家にも「家紋」があります。お仏壇やお墓に彫ってあったり、黒留袖や黒喪服等の着物についてあるものをご覧になったことがあるかと思います。 【紋のはじまり】 平安時代に、貴族が牛車等に他の家と区別するために付けた文様が始まりか?といわれて […]
  • 刺繍半衿並べました!刺繍半衿並べました! お母様二十歳時代にはあまり使用されていなかったかもしれません。半衿の歴史からいえば、刺繍入りや色付きの半衿も存在していたのですが、おそらく式事には白の無地の半衿をすべきという考え方からだったのではないでしょうか。 半衿は襦袢の衿に縫い付け、汚れ防止(汚れたらはずしてまた縫い付ける)と、おしゃれのためにとの役目があります。素材は正絹・絹交織・化繊などがあります […]
  • 小物で変化をつける!小物で変化をつける! さて今日は同じ振袖、同じ帯を使って、小物(①重ね衿②帯揚③帯締)の色だけを変えて画像をアップしてみました。 小物といっても全体への影響は大物です。 全体のイメージをどういう雰囲気にしたいか? パステルカラーを使うと優しい・甘い・やわらかい感じになりますし、ハッキリした色や濃いめの明るい色を使うと元気・行動的な感じになります。 お母様が二 […]
  • ご試着のおすすめ!ご試着のおすすめ! ブログでもご試着のおすすめをたびたびしております。 パンフレットで見ただけ、たたんであるものを見ただけ・・・イメージだけで、振袖をすぐに決定するのはおすすめできません。もちろん「ひとめぼれ」はありますよ!それにしても決定はご試着をなさってからのことです。 「振袖ヒロイン」のレンタルの流れにもあるように、ご来店になりましたなら、気になる振袖をまずは5点ぐらいから […]
  • 6月の着物何を着る?6月の着物何を着る? 衣替えの6月。学生さんをはじめ様々な職業の方々がさわやかな制服に変身! 着物は・・・一年を通して形は変化なし。さてどこが変わるでしょうか? 6月と9月は着物に裏地が付いていないものを着ます。単衣(ひとえ)といいます。これに対して裏地の付いたものを袷(あわせ)といい、10月から5月まで着ます。7・8月は薄物といい、夏向きに作られた薄手のもの、透け感のあるものを着ます […]
  • 髪飾り紹介!髪飾り紹介! 当店の髪飾り!たくさんある中、今日の代表を紹介します。 お決めになる流れとして、振袖・帯・小物・刺繍半衿をご試着、草履・バッグまで決定したところで、ご試着したまま最後に髪飾りをお選びいただきます。トータルでコーディネートするには、やはりそのような状態でお選びいただくことをおすすめします。(髪飾りはオプションとなります。) ご紹介の髪飾りは、1ヶ所に集めます […]